previous arrow
next arrow
Slider
エネルギー事業部では、省エネに関するご相談・施工、コンサルティング業務を行っております。

News

2019.6.14 二国間クレジット制度(JCM)
EcoPowerFitがタイにて環境省の二国間クレジット制度に採用されました。
EcoPowerFitが二国間クレジット制度(The Joint Crediting Mechanism)を利用した設備補助事業に採択されました。

環境省二国間クレジット制度(JCM)
https://www.carbon-markets.go.jp/jcm/index.html

EcoPowerFit

EcoPowerFitは空調機の室外機が消費する電流値をもとに省エネ運転の判断をおこないます。
また室内の温度・湿度も含めて判断をおこなうことも可能です。個別の制御だからこそ、それぞれの環境にあった省エネ運転が可能です。

メーカーを問わずほぼすべての空調機に設置可能


・既に稼働している既存の空調機に取り付ける事ができます。
・古い機種から最新の機種まで幅広く対応しています。
・空調買い替え時にもそのままの使用が可能です。

特許取得の空調保護機能による安全保証

・各空調機メーカーの推奨する条件に合うよう細かな制御設定ができます。
・常に圧縮機の保護を行うセンシング機能を搭載しています(特許取得)
・導入の際は必ず事前に空調の無料診断を行い安全な稼働を確認します。

省エネ制御とデマンド制御

・季節や稼働状況に合わせて空調電力の無駄をカットし、室内の快適性(±1度)を維持しながら自然な省エネを実現します(特許取得)
・あらかじめ設定したデマンドのピークを予測し、お客様の契約電力を守ります。
※電力会社への申請・承認で導入翌月から基本料金が下がります。

施設規模や予算に合わせてご提案

・空調1台からでも個別に省エネが始められます。
・ご予算に応じて、デマンドコントロールシステムの追加導入がいつでも可能です。
・クラウド化による全社まとめてのデータ管理が可能となります(カスタマイズ例)
・お客様のニーズに合わせた最適なシステムをご提案させて頂きます。

専用のソフトウェアによるデータ管理

・省エネ効果に関する様々なデータを管理し、帳票にて保管まで行えます。
※電力使用量、最大デマンド、空調電力使用量、削減予測値、空調稼働時間など
・稼働状況に応じて省エネ設定を変更する事ができます。
・ソフトウェアは常に最新の状態に自動アップデートされます。
・ソフトウェアは英語にも対応しております(海外での導入実績多数)

 

拡大する

拡大する

拡大する

 

通常の省エネ+ピークカットの考え

従来デマンドの抑制は電気料金の削減と見られていました。しかし昨今の電力需給の逼迫から、省エネの面でも電力需給バランスを意識したエネルギー管理が重要視されるようになり、従来の「量」の省エネから、ピークカット・ピークシフトなどの「時間」の概念を含んだ削減が評価されつつあります。必要に応じてピークを落すことができる省エネ設備は、デマンドレスポンスへの対応など、今後ますます大きな価値を生むと考えています。

電気料金のしくみ

高圧受電による契約をされている事業所では、契約電力により決定する基本料金と、実際に使用した電力量に応じて決まる電力量料金によって計算します。

契約電力はこのようにして決まります

基本料金は最大需要電力(デマンド)で決定します。電力会社の計量器が計量した電力値を30分毎に平均して需要電力として算出します。ひと月の需要電力の最大値がその月における最大需要電力(デマンド)となります。契約電力は当月を含む過去1年間の最大需要電力(デマンド)うち、いずれか大きい値となります。

これを制御できなければ・・・
たった一度のピーク電力でも、それを基準に一年間の基本料金が決定されてしまいます。

送風に切り替えるタイミングを管理して快適な省エネ

EcoPowerFitは制御するタイミングを室外機の消費電流をもとに判断します。そのため圧縮機に負担の掛からない最適なタイミングで制御します。また消費電流の推移により室内環境を予測して制御を開始するため、省エネ運転のためのわずかな温度上昇(1度未満程度)も不快感を感じさせません。(これは特許を取得した技術です)

業務スケジュールに合わせてキッチリ省エネ

EcoPowerFitは季節や時間帯に合わせて制御条件を変更する機能があり、環境に合わせた詳細な省エネ制御を可能にします。たとえば終業から翌日始業までの空調を使用しない間は連続制御を設定することで、消し忘れによるムダの削減の効果が得られます。

快適性を維持しながら消費電力を削減

EcoPowerFitは空調機の室外機が消費する電流値をもとに省エネ運転の判断をおこないます。また室内の温度・湿度も含めて判断をおこなうことも可能です。個別の制御だからこそ、それぞれの環境にあった省エネ運転が可能です。またデマンド制御時においても、それぞれのEcoPowerFitの判断と予め設定した条件で、制御・継続・保護・拒否など多様な動作をおこないます。

※温度湿度連携機能は親機を使用した通信システムの場合に利用可能です

空気空間清浄洗浄機

会社案内

会社概要

会社名株式会社プラテティア
設立日2018年12月19日
資本金700万円
e-mailinquiry@pratitya.co.jp
本社〒532-0011
大阪市淀川区西中島4丁目6-30 709号
TEL06-6195-6697
FAX06-6195-6629
事業内容空調エネルギー管理システムの販売等、物販事業
主要取引先パナソニック宇治工場(敬称略)

ごあいさつ

お客様の喜びを感じたとき

私は日々のビジネスシーンの中で、この瞬間をもっとも幸福に感じます。

時が経つのは早いもので、前職の商社時代からおよそ25年間にわたり、東南アジアを中心に世界各国にて多くのビジネスに携わってまいりました。この間、さまざまな国のあらゆる人種、異なる宗教観を持つ人々と出会い、たくさんの貴重な経験を共有させて頂く事が出来ました。

その結果、私がたどり着いた一つの答えとして、いかなる商売においても、お客様が心から満足を感じた時に頂ける言葉は、国や人種、言語や宗教に関係なく、いずれも「有難う」という言葉だったのです。このたくさんの「有難う」という言葉は私にとって何物にも代えがたい財産として今でも記憶に残り続けています。

昨今、一部の国や地域を除いて、欲しい物がすぐ手に入る飽和の時代と呼ばれるようになり、とりあえず一通りの物やサービスがいつでも簡単に享受できる社会になりました。製品の品質はしっかりと平準化され、どこに居ても安定した商品を手にし、口にすることができます。しかし一方で私は何とも言えない物足りなさを感じてしまいます。

そこには本当の「有難う」が存在しているのでしょうか。

私達はこれまでの経験・体験から学んだ事を生かし、一般的な製品や当たり前のサービスを提供するだけでなく、私達にしか出来ない「期待値を上回る感動」という付加価値をお届けしたいと考えております。

心からの「有難う」

この言葉と一つでも多く触れ合える会社で在るよう、
従業員一同邁進して参ります。

会社名の由来

株式会社プラテティア

弊社の社名はサンスクリット語の「プラテーティア・サムトパーダ(pratìtya-samutpàda)」に
由来します。この言葉は仏教用語で漢訳すると「縁起」という言葉になります。

この「縁起」という言葉、仏教用語では普段私達が使っているものとは少し解釈が異なるようです。

お釈迦様によりますと本来の縁起の意味とは「この世に存在するものは何一つそれ自身であるものはない。すべてのものは相依相関(そういそうかん)である。つまり、お互いに寄り合い、支え合い、助け合い、生かし合って成り立っている」と説かれています。

お客様がいて初めて私達が存在できる。
お客様の喜びが私達に喜びをもたらす。

“プラテーティア・サムトパーダ” = “縁起とは寄り添う”

「私達は常にお客様に寄り添い続けたい」という想いを込め、
社名をプラテティアと命名致しました。

お問い合わせ

会社名

ご担当者名

メールアドレス

電話番号

お問い合わせ内容

PAGE TOP